お知らせ

人文・社会科学系の研究にかかわる研究者、URA、事務系職員、行政機関・資金配分機関の関係者等が集うフォーラムの第3回が、琉球大学にて開催されます。

【開催報告】12/15 トップダウン型外部資金勉強会

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリ:

 大阪大学では 、毎年公募の時期に合わせてJST、AMEDのトップダウン型外部資金の説明会を開催していますが、今回は趣向を変え、少し早めのこの時期にトップダウン型プロジェクトに関する様々な情報を得ることで、トップダウン型外部資金の理解を深め、申請の準備を早めに進めやすくすることを目的として、本勉強会を開催しました。
 当日は、多様な研究分野の学内研究者および事務職員の参加があり、講演者の谷口研二名誉教授からの研究総括経験者ならではの話に熱心に耳を傾けておられました。勉強会開催後のアンケートでは「応募に際しての注意点などが参考になった」「審査する側の視点がよく理解できた」「とても具体性があり説得力があった」等の声が寄せられました。
 また、第二部の情報交換会では、参加者と谷口名誉教授がじっくりと話をされていたのが印象的でした。
 経営企画オフィスURAプロジェクトでは、今後も本学の研究力強化に向けて、学内研究者のニーズに合った研究支援を行っていきたいと考えています。

開催風景:
PC150053_rev.jpg PC150074_rev.jpg

研究大学強化促進事業 研究成果の国際的発信支援プログラム
H28年度研究成果の国際的発信支援セミナーシリーズ第5回

Natureや一流国際誌へ挑もう / Get Published in Nature and Other High Profile Journals:
Springer Nature Publishing Academy

日時 / Date & time:
2016年12月9日(金)13:30~17:15
13:30 - 17:15, Friday December 9, 2016
参加者:本学の教員、研究員、大学院生等約100人

開催風景はこちらです:
開催風景1

開催風景2

セミナーの詳細はこちらです:

大学経営におけるURAの役割

開催概要

URAの実務者が情報交換と相互研鑽を行う場として開催されたRA協議会第2回年次大会
http://www.rman.jp/meetings2016/)で大阪大学は「大学経営におけるURAの役割」というセッションを企画・運営しました。登壇いただいた方々のお話の概要と当日行われた全体討論に関する記録を下記にまとめました。

開催日時:2016年9月1日(木)
場所:福井県県民ホール

なお、本資料はRA協議会の協力を得て作成したものです。

研究者として自分自身のウェブサイトを構える際の,特に事前の「考え方」にフォーカスしたセミナーを行います.1時間で終わる予定です.個人が行う研究広報用にカスタムした Wordpress サイトを参加者1名につき1サイトご用意いたします.

【開催報告】11/18 受理されやすい科学論文の書き方セミナー

  • 投稿日:
  • 投稿者:
  • カテゴリ:

研究大学強化促進事業 研究成果の国際的発信支援プログラム
H28年度研究成果の国際的発信支援セミナーシリーズ

第4回:受理されやすい科学論文の書き方セミナー

共同企画・運営:経営企画オフィス URAプロジェクト
工学研究科 戦略支援部
日時:2016年11月18日(金)15:30~17:00
参加者:本学の教員、研究員、大学院生等約150人

開催風景はこちらです:
講師

会場の様子
メールマガジン最新号

vol.39「人事交流制度を考える-大阪大学工学研究科におけるクロス・アポイントメントや出向の事例から」(2016年12月発行)

今月は、大阪大学工学研究科と経済産業省方面とのクロス・アポイントメントや出向の事例紹介記事と、
「経営を支えるマネジメント人材とは」と題し、私立大学・民間企業有識者を招いて開催した学術政策セミナーの講演録をお届けします。

今年もURAメルマガをご愛読いただきありがとうございました。
みなさま、良いお年をお迎えください!

Tweet